引き戸派?開き戸派?

こんにちは😊
いい、家。㈱e-ハウジング web担当です。

いつも弊社のブログやSNSを
ごらんいただきありがとうございます。



さてきょうは、
住宅の建築、改築の際に選択が必要となる
『戸』の種類について、です。

玄関や室内の扉は、
大きく分けると『引き戸』と『開き戸』に分かれます。


1️⃣引き戸

eハウジング施工事例より『片引戸』
eハウジング施工事例より『引込戸』


メリット
🙆‍♀️戸を開く際にスペースをとらない
🙆‍♀️強風にあおられる心配がない
🙆‍♀️間仕切り戸として、部屋を仕切ることが出来る

デメリット
🙅‍♀️戸を引き込むスペースが必要
🙅‍♀️(片引戸の場合)引き込まれる部分を壁利用出来ない
🙅‍♀️開き戸に比べ、気密性、遮音性は劣る



2️⃣開き戸

eハウジング施工事例より『片開戸』
(*画像両サイドは、クローゼット『折戸』)
eハウジング施工事例より『両開戸』
eハウジング施工事例より『片開戸(玄関)』

メリット
🙆‍♀️戸を引き込むスペース不要のため、場所を選ばない
🙆‍♀️ドアノブ、レバーハンドルなどのバリエーションが豊富
🙆‍♀️防音仕様を追加するなどして、気密性、防音性をUP出来る

デメリット
🙅‍♀️戸を開けた時の扉の存在が邪魔になることがある
🙅‍♀️扉を開く側に物が置けない
🙅‍♀️強風時には、風で閉まることがあるので注意が必要



写真3枚目にもあるように、
クローゼットや浴室などでは
「折戸」が使用されることも多いですね。

eハウジング施工事例より『浴室折戸』


戸の選び方として、
👉ドアとドアの位置が近いところ
👉家族の出入りが多いところ
👉子供さんや高齢の方のお部屋
   は、『引戸』の方がおススメと言われています。


お好みをベースに、
それぞれのメリット、デメリット、役割をふまえ
生活の中での使い勝手を考えて選んでみてくださいね🎵














❤⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄❤

最新の記事

この夏の花火

こんにちは😊いい、家。㈱e-ハウジング web担当です。 いつも弊社のブログや

住宅エコ改修①

こんにちは😊いい、家。㈱e-ハウジング web担当です。 いつも弊社のブログや

リノベの魔法🧹

こんにちは😊いい、家。㈱e-ハウジング web担当です。 今週からスタートした

株式会社 e-ハウジング

〒090-0018 北海道北見市青葉町2番34号
TEL 0157-61-5643
FAX 0157-61-5644

© e-housing corp All Rights Reserved.